読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録代わりのブログ

タイトル通りの私用備忘録。適当に残しておきたいことを書いておくブログ

乙女2についての考察

乙女2についての考察

主な設定差は「特リプ刺さり率」「200Gごとの高確移行率」「鬼神討伐のモード選択率」

各役の出現確率は全設定で統一されている。

特リプ(中押し時斜め成立リプレイ)は、高確状態を無視して設定による確率で刺さる。

高確はレア役での「刺さり率」が上昇する。

= 設定によって「レア役が刺さりやすいモードへ移行しやすい」ということになる。

各モードでの刺さり率

モードは4つ。

  • 低確A
  • 低確B
    • Aと合わせて低確と記載
  • 高確A
  • 高確B
    • いわゆる超高確

低確時の打率

スイカ・弱チェリー : 当選なし?
チャンス目(スイカハズレ・リプリプベル) : 12.5%
強チェリー : 20%程度
リールロック2段階+強チェリーorチャンス目 : 50%

低確時は強チェであっても1/5、萌えカットインが入るリールロックでも1/2なので
過度な期待をしてはいけない(戒め)

高確Aの打率

スイカ・弱チェリー : 10%
チャンス目(スイカハズレ・リプリプベル) : 33%
強チェリー : 50% リールロック2段階+強チェリーorチャンス目 : 66%

高確Aで初めてスイカ・弱チェリーで刺さる確率が発生。
しかし1/10なのでまあほぼ…
チャンス目が20%ほど、強チェリーは+30%と大幅にアップするものの、リールロックは16%アップに留まる。
強チェリー以上は1/2以上、チャンス目でも1/3で刺さるので、高確時はここが欲しいところ。

高確Bの打率

スイカ・弱チェリー : 15%
チャンス目(スイカハズレ・リプリプベル) : 40%
強チェリー : 66%
リールロック2段階+強チェリーorチャンス目 : 80%

いわゆる超高確なのだが、これは「レア役を引くまで転落しない」というモード。
ここで重要なのは「ボーナス」ではなく「レア役」であること。
このレア役にはもちろんスイカと弱チェリーも含まれているので…あっ…(察し)
超高確への突入率はどの移行率でも高くて10%程度、上記の刺さり率からすれば超高確は死にモードなのでは…?

特殊リプレイの刺さり率

特殊リプレイとは

乙女2を打っている諸兄姉にはもはや当然のものであると思われるが、一応説明。

乙女2にはリプレイでの抽選が行われている。
リプレイ成立後に謎の紋章まあカシンの紋章ですがが出る場合があり、多くこれが当選契機となっている。

順押しをしているとこの特殊リプレイは看破できず、通常のリプレイとして扱われてしまう。
しかし案ずることなかれ、中押しをすることでこの特殊リプレイを見抜くことが出来る。

中リールに雲切図柄(黒BAR)を狙い、中段に止まった図柄で成立役を見抜く。

  • ベル
    • 左右フリー打ちでハズレor3枚ベルor8枚ベル
  • リプレイ
    • 左右リールフリーでリプレイor特殊リプレイorチャンス目(リプ・リプ・ベルのリプレイハズレ形)
  • スイカ
    • 左リールフリー、右リールに77狙いでスイカorチャンス目(スイカテンパイハズレ)
  • チェリー
    • 左右リール雲切狙いで弱チェリーor強チェリーor中段チェリー(乙女チェリー)

となっている。
本題に戻り、特殊リプレイの看破について。

中押しをした場合、
通常リプレイは平行に停止する。
特殊リプレイは右上がりに停止する。

以上である。

特殊リプレイでの当選確率は上述したとおり状態に左右されず設定にもとづいて一定確率で抽選している。
「高確っぽいこともなくレア役を引いてないにも関わらず当たった」という場合は、ほぼこの特殊リプレイ当たりである。
もしくは天井前謎当たり。

特殊リプレイの各当選率は以下の通り。

※独自調査

設定 当選率
1 5%
2 7%
3 5%
4 9%
5 7%
6 12%

…低くね?と思われた方、普通の反応です。
しかし、上述したとおり各役の出現確率は全設定で統一されている。
この特殊リプレイに関してもその例に漏れず、1/64.0の確率で出現する。
ちなみにスイカはだいたい1/104、弱チェリーはだいたい1/105。
モードごとの刺さり率からして、低確の場合なら上記2役より期待度があることはなんとなく解っていただけるかと。。
高確Aの場合は設定6以下より強くなれるよ!やったねスイカちゃん!

200Gごとの高確移行率

※四捨五入済
※独自調査

設定 低確A 低確B 高確A 高確B
1 75% 5% 15% 5%
2 70% 5% 20% 5%
3 65% 15% 15% 5%
4 70% 5% 20% 5%
5 55% 20% 15% 10%
6 45% 10% 35% 10%

200Gでの高確A移行率については、偶数設定が優遇されている。
高確B移行率はもちろん高設定が優遇されている。
(ただし上述したとおり、スイカ・弱チェで転落があるため何とも言いづらい)

低設定では低確Aの確率が高い。
設定1だと200G打っても実に8割は低確のまま。現実は非情である。

これを見る限りでは、ぶっ刺されば初当たりは低設定でも入る
だいたい20%〜25%で高確入りし、そのあと強レア役を引ければ良いのだから。引ければの話だが。
ただし200Gごとの移行周期を知らないと延々と打ち続けることになるだろう。

初当たり鬼神討伐のモード選択率(ループ率)

乙女ボーナス終了後に突入する鬼神討伐。
ここのモードでループ率が決まっている。
一応話しておくが、乙女2にはボーナスループ機構が付いている。
モード状態のみで最大80%、レア役による当選を含めると実質最高85%ほどのループ率が!
では、そのモードについて軽く解説。
ちなみにモードの示唆については、鬼神討伐突入Gで筐体にある十字キーを押すことで確認できる。

  • モードA
    • 示唆時の色は白
    • ループ期待度はレア役含め25%程度
  • モードB
    • 示唆時の色は緑
    • ループ期待度はレア役含め56%ほど
  • モードC
    • 示唆時の色は赤
    • ループ期待度はレア役含め70%ほど
  • モードD
    • 示唆時の色は紫
    • ループ期待度はレア役含め85%ほど

肝心の振り分けは下記の通り。

※独自調査

設定 モードA モードB モードC モードD
1 49% 39% 9% 3%
2 59% 33% 5% 3%
3 39% 46% 12% 3%
4 39% 48% 10% 3%
5 35% 30% 30% 5%
6 39% 48% 10% 3%

モードA振り分け率で3と6が同じという事実…!
まあどちらもモードB振り分けが50%近くあるため気にならないだろう。
ここで注目すべきは設定5。なんとモードC,Dのの当選率が6を上回っているのだ。
そしてモードAの当選率も全設定最低値。設定の配分を間違えたのではないかというレベル。
モードの振り分けについては、奇数のほうが優遇されている。
設定1でもモードA,B,Cの振り分け率が2より優れている。
高確移行率は偶数が優遇、モード振り分けは奇数優遇…
つまり、偶数は初当たりこそ軽いが続かず、奇数は初当たりが少ない割に爆発するという昔懐かしいオカルトじみたものになっていることになる。
連チャン力は6よりも5!という台であることがわかる。

総評

200Gごとを見抜いていけば楽しくなれるかもしれない!
ハイエナのごとく200Gの移行を探ってレア役を引ければ、初当たりをつかむことは可能と言える。
また、低設定(とくに1)しか使わない店なら逆に鬼神討伐のループ期待値は2よりも高い…と考えられる。
3とか4とか使ってる店があればいいんだがな!!5が最良だが!!
それを見越して2しか入ってない?それなら諦めよう。